« 今の日本は本当にアメリカ傀儡自民のやりたい放題 | トップページ | TPPで莫大な経済効果は大嘘! 嘘ばかりつく政府! »

2015年12月18日 (金)

今回は一応評価できる最高裁判決・夫婦別姓否定でOK

忙しくてブログ書く暇なかったが少しずつ再開。

今回の夫婦別姓否定は本当に当然であり、妥当判決である。左翼韓国勢力は、日本の伝統を破壊しようとしているだけだ。

①事実婚②入籍しても通名使用③女性側に婿入り

これで完璧になんとかなるだろう。「どちらかの姓を選べ」というのだから、そもそも女性差別はない。それを誤魔化しているのが左翼韓国マスゴミだ。

ただ少子高齢化(産業界が女性にも働かせ(①安い労働力確保②遊び金を使わせる))のために女性一人っ子の家は存続がきびしい。

この場合は新しいルールで「戸籍100年キープ制」などもあっていいかもしれない。もちろん韓国人の背ノリなどさせないものだ。

女子一人っ子が夫の元に入籍しても、旧戸籍をキープする。継嗣を後々させる事ができる。キープ権も相続できる。その旧戸籍に不動産や金銭を属させる事ができる。

そんなことが考えられないか。

その間に少子高齢化を解決していかなければならないのだが!

今回はここまで。。。

« 今の日本は本当にアメリカ傀儡自民のやりたい放題 | トップページ | TPPで莫大な経済効果は大嘘! 嘘ばかりつく政府! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事