« 日台のヤラセを感じた食品輸入禁止。安部政権は卑劣だ! | トップページ | 富田選手は100%冤罪。日本政府は何をしているのだ! »

2015年5月25日 (月)

安保法案には反対。竹島問題が、否決の鍵の一つだ。

日本がアメリカの傀儡安部政権で「戦争をする国」になろうとしている。すでに武器の輸出も始まり、安部が「戦死者は1300人」などと今後も死者が出る「地ならし」の事故死者=戦死者の「数字作り」も始まった。

安部は「この法案によって、日本人が戦争に巻き込まれる事は無い」などというが、駆けつけ警護などまさに戦闘に突っ込んでいく事例もあり、100%戦死者が出る国になる。アメリカの「金も武器も兵士も出せ」という日米合同委員会での要求(命令)どおりに動いている日本なのだ。

この法案は「尖閣問題に対する対処である」などとも説明されている。では竹島はどうなのか? 

①この法案が成立したあと、竹島を韓国領と認めて攻撃しないのか?(政府与党が韓国スパイと鮮明に宣誓するのか?)

②この法案が成立したあと、韓国に対して竹島奪還作戦をするつもりなのか?

③この法案成立後も竹島がかくあるように、「日本領であるが」尖閣に侵攻されても、攻撃しない。

この三つに一つ、①②③どれなのか、国会審議で聞いてほしいものである! 「竹島はこのままで、尖閣の場合は戦闘です」となったら自民は? 韓国のスパイと認めるの? そこで答えに窮するはずだ!

左翼としては「捨て身の攻撃・捨て身の質問」であろうが!

今の政治は与党も野党も「韓国のスパイだ」のように、ネット上では散々言われているが、日本人として「ここが議論のポイント」であり、白黒をつけてほしい。

当ブログは安保法案には絶対反対。世界から武器を無くす、豊臣秀吉の刀狩りのような平和の構築を、日本人が世界に対して指導して、世界を平和にしてほしいと、願っている。兵器産業は麻薬産業並みに世界から追放してほしいのだ。日本人はアメリカのおもちゃではない! 平和を愛する世界最高民族だ!

安保法制審議の過程では「では、竹島はこのあとどうなりますか? 竹島がこのままなら尖閣もこのままでしょう? それでいいですね?」のように質問をしてほしいものだ。そこで中国と韓国に対する矛盾が生じる筈である! 論理的に「詰み」になるのは竹島問題だ! どう答弁しても、自民党は厳しく追い込まれることになろう!

« 日台のヤラセを感じた食品輸入禁止。安部政権は卑劣だ! | トップページ | 富田選手は100%冤罪。日本政府は何をしているのだ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事