« マスゴミはどうして自民の金権腐敗を叩かないか。 | トップページ | ほぼ100%間違いなく富田選手は冤罪である。 »

2015年2月 4日 (水)

イスラム国事件・韓国でのカメラ窃盗事件

①イスラム国事件で結局は後藤・湯川氏が殺害されたことに哀悼の意を表する。安部がイスラエルなどに行くからこのように殺害された面はあるだろう。だが1人120億円などはとても出せる金額ではなく、キチ○イに捕まったので仕方ないと言えそうだ。

しかし当ブログがかねてから指摘しているように、イラク空爆の計画でオバマに対して「ノーベル賞を返せ」という国際機運が高まったところで、アメリカ人ジャーナリストが首を切断されて殺されたりして、声が消された。イスラム国はアメリカの都合がよいように動く。

今回も「イスラム国打倒」の声が早速高まり、アメリカの軍事支出が増えそうだ。アメリカの軍産複合体に運営されているイスラム国、そんな気がしてならない。

911テロのアメリカ自作自演を糾弾しない以上、日本共産党はアメリカのディープスパイだ。同じようにイスラム国もアメリカのディープスパイで間違いない。アメリカ(イギリス&ユダヤという国だ)の手癖なのだ。自分の敵は自分で作り、運営する。本当の自分の敵同士は戦わせ、また混乱させ、また内部にスパイを送り込む。

湯川と後藤は、オカマと元風俗店経営・横領男だ。いかにも「殺されても仕方ないな」という人物が殺され、日本人が安部は憎まない、しかしイスラム国は憎むというキャラクターが作られたものだ。後藤が殺される直前に「風俗店経営・横領男」という情報が流れた。これも世論操作である。認識すべきことだ。

それにしてもイスラム国の酷さはそれは酷いが、中国がチベットでしている人権侵害などはろくろく報じないでいたマスゴミ。凄まじいダブルスタンダードだ。アフリカの戦争も伝えない。本当にアメリカの都合のいいようにしか動かない(沖縄の報道などは反米のようでもあるが、アメリカは日本国内が多少ヨタヨタと国内世論が迷走しながら反米・親米で揺れてもまったく構わないし、尖閣の問題などで日本が再武装するのは今の財政事情から言ってもOKなのだ)。戦争の機運を高めながら、日本を戦力補助の子分として今までより働かせる。今の日本の動きは、どこまでもアメリカにコントロールされたままになっている。

そういえば韓国でアジア大会で盗みを働いたという濡れ衣を着せられた富田選手。裁判の初回に通訳が来なかったという。日付を間違えただと。見え透いた嘘だ。こんな馬鹿げた嘘をつかれるから、最初から警察ぐるみの日本への嫌がらせだと分かるのだ。

しかし日本の報道は富田の味方に全然なっていない。ここまで出鱈目なことをされても論調として「おかしいですね、疑問が深まりますね、富田選手は苦しんでいます、いったい韓国の司法はどうなっているんでしょうか?」という問題提起、論調作りが無い。そしてひんやりとストレートニュースで流す。

日本のマスゴミは基本的にアメリカの支配を受けている。しかし末端ではずいぶんと韓国の支配受けている。アメリカはそれをほくそ笑みながら容認している。そんなところだ。まったく日本人のための組織に、日本の政党、政府・官僚、マスゴミがなっていない。

当ブログは憂国の思いを深めているところである。

« マスゴミはどうして自民の金権腐敗を叩かないか。 | トップページ | ほぼ100%間違いなく富田選手は冤罪である。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事