« 滅茶苦茶な韓国! 産経新聞記者起訴&ヘイトパフォーマンス | トップページ | 日本国の総力を、全ての力を投じて富田選手を守れ! »

2014年10月21日 (火)

2女性閣僚の辞任には疑問がある

松島法務大臣は「うちわ」を配ったからだという。ただの丸い紙じゃないか。下らない。矮小化された政治の極限だ。こんなことで閣僚を辞任とか、どれだけ国政が損なわれていることか。全く話にならない。

小渕経産大臣は別だ。1億円以上もの問題だ。悪いことである。だが「悪い」というより「悪意は無かった。ルール違反の認識は無かった→馬鹿無能」ということか。たかる支持者がいて、二世の馬鹿がのさばる。二世議員はやはり早慶くらい以上からが良いのだが。

ただそれにしても「政治とカネ」が神経症的になりすぎていないか。アメリカの大統領選挙は巨額献金で数百億円もの金が集まる。そのダイナミックさも学びたい。

もちろん「政治献金には必ず見返りがあるから駄目」というのが金科玉条のようにのさばってはいる。しかし見返りがあればその時点で逮捕」でもいいだろう。イデオロギーの実現(教育や文化政策も含めて)のための献金をもっと自由に認めるほうがよい。

今は共産主義勢力がマスコミや政官にいきわたって、あまりにも政治家の個人献金・団体献金が細り、共産党が有利になりすぎている。

①また野田・前原・菅が外国人献金を受けても逮捕起訴公民権停止にはならない。(松島は辞任したのに)枡添は都知事選挙期間中にバッチを配って刑事告訴されても一向に事件化されないし、マスコミが騒がない。

②「清き0.5票はおかしい」などの屁理屈で一票の格差是正が叫ばれる(法の下の平等をあまりにも拡大解釈している。法の元の平等を言い募るなら、所得税の累進税率もおかしい。そのほかあらゆる税支出は不公平だと言うことになる)。

③いつまでたっても政治資金規正法に基づく資産報告が、土地や株は時価ではなく出鱈目に低い公示価格や額面、預金は普通預金は申告対象外など論理的に意味をなさない状況。

など「じっくり腰を落ち着けて考えればおかしい」事だらけの「政治とカネ」の話である。まともじゃない話ばかりだ。そこに今回の「松島のうちわ辞任」だ。当ブログは自民支持では金輪際ないが、また別の意味でこの辞任は「馬鹿ではないか?」と批判する。

余りにも下らない国政の停滞である。

« 滅茶苦茶な韓国! 産経新聞記者起訴&ヘイトパフォーマンス | トップページ | 日本国の総力を、全ての力を投じて富田選手を守れ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事