« 朝日新聞(都議会ヤジ問題)社説は出鱈目の極地! | トップページ | 出鱈目! 北朝鮮交渉! 焼身自殺未遂報道! ドコモCM! »

2014年7月 3日 (木)

当ブログは解釈改憲(集団的自衛権容認)は絶対反対だ

十分な時間が無い当ブログだが、これだけは言いたい。

集団的自衛権を認めることは憲法違反だ。これは国会の問題ではなく、本来は司法の判断である。

憲法九条には

  • 1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
  • とある。マスゴミは今回は不思議とこの条文を出さない。完全にこの条文とかけ離れていることが明白だからだろう。

    尖閣の問題は確かに緊張している。もともと国連(アメリカの手先)が尖閣に石油があると大嘘(フセインが大量破壊兵器を持っているというのと同じような大嘘)をついてけしかけた日中離間策であるその尖閣問題はある。

    だが尖閣に起きることは自衛戦争であり解釈改憲の問題ではありえない。

    「日本人救援しなくていいのか」と安倍政権は言い張るが、「それでも戦争戦力は持たない」と決めたのが日本国憲法だ。戦場近くの救出は他国に頼む。戦場近くではPKOはしない。他のところにお金や技術や指導を注いで、国際社会に貢献する(認めてもらう。許してもらう)そう決めたのが日本国憲法だ。

    「このことで日本が戦争に巻き込まれることは無い」と安倍政権は言い張る。だが危機に晒されている日本人を守るために「駆けつけ警護」をする・・・等というのは戦争状態に入ることそのものを意味している。

    当ブログはいつもは韓国けしからん、朝日NHKけしからん、塩村議員けしからんと強い保守のことを主張しているが、戦争に関しては「世界最高民族の日本人が武器の無い社会を主導して世界に平和をもたらすべき」と一貫して願っている。豊臣秀吉の刀狩りがあって戦国時代が終わったのだ。

    アメリカにごり押しされて戦場に出て行っては駄目だ。若者の尊い血を流すのではなく、自衛隊の専守防衛、アメリカとの安保条約に基づく専守防衛で良い。

    尖閣の即時対応体制の構築、防御のための敵国ミサイル基地攻撃などには多少のアローアンスはあっても良いが、集団的自衛権は駄目だ。何が駄目って憲法違反だ。

    安倍内閣は倒さないと駄目。山口県産アメリカ犬であり、山口県産韓国犬だ。財界とマスゴミと官僚と労組(自治労や大企業労組に労組全体が支配されている)とアメリカと韓国と甘い汁を分け合い、主権者である国民全体を食い物にしている。

    野田・菅直人の民主党政権が、わざと円高誘導するようなとんでもない出鱈目売国奴政権だったから、今は野党がどうにも力が無い。あいつらにまた政権を渡すなら自民党がいいと保守8割の国民は思ってしまっていて自民党の支持率はなかなか落ちない。野田や菅があまりにも酷かったのだ!

    非自民党勢力の中心にいるべき小沢一郎氏をメディアスクラムでネガティブ洗脳し、「極左民主か、維新などの自民補完勢力か」という状況を作り出し、その両者も戦わせて自民が漁夫の利を得ている。

    みんなの党の渡辺前党首などは公務員人件費の2割削減を謳って刺された。猪瀬前東京都知事は発送電分離を謳って刺された。そういえば小沢一郎氏も官から党へ権限を移そうとして刺された。その3人のようなケースだけ「ウン億円の政治疑惑」がふいに湧いてくる。資金の流れをじっとウオッチしている公的組織が情報を漏らす。他の政治家は情報が漏れない代わりに官僚の言いなりになる。本当に汚い日本になってしまっている!

    (現在内容がしょぼいので恥じてコメント欄トラックバック欄閉鎖しています。また復帰するつもりでいます)

    « 朝日新聞(都議会ヤジ問題)社説は出鱈目の極地! | トップページ | 出鱈目! 北朝鮮交渉! 焼身自殺未遂報道! ドコモCM! »

    経済・政治・国際」カテゴリの記事