« 安部普三首相は海外歴訪しているが! | トップページ | 憲法改正論議・川口解任。マイナンバー法案衆院通過の目くらまし »

2013年5月 3日 (金)

支離滅裂! 朝日社説は極限偏向・売国マジキチ!

どう読んでも矛盾と偏向。売国で左翼。どうしようもないマジキチ。朝日社説は誤魔化しだらけだ。憲法記念日を汚すな!

バカ朝日新聞のバカ社説にある批判されるべき主な点。もうちょっとやそっとではない明らかな誤りだ。こんな馬鹿文章を読んでいては頭が腐るレベル!

①さかんに「国民主権、基本的人権の尊重、平和主義などは変えてはならないのが主流学説」と言い立て、それとかぶらせて安部の憲法改正容易化を非難している。

②憲法改正についてアメリカやベルギーのように極端に硬性憲法の国だけを持ち出して、憲法改正は難しくあるべきと。どんだけ偏向した情報を元に議論するの? マジキチ!

③そして②のようなグローバルスタンダードを言い募るなら、9条は異常の上にも異常な特異条文だ。朝日はグローバルスタンダードを持ち出すなら9条は特異条文だと認めろ、真性二枚舌!

④社説の中で国会議員の改正発議を過半数にするという動きで「これでは一般の法改正とほぼ同じように発議でき、権力の歯止めの用をなさない。戦争放棄をうたった9条改正以上に、憲法の根本的な性格を一変させるおそれがある。 」と馬鹿を書いている! だが国民投票過半数の賛成がそのあと必要なのであり、一般の法改正とは

全く違うだろうがウソツキ新聞!

⑤どさくさにまぎれて天皇を批判している反体制新聞! 社説の中に「かつての天皇制のもとで軍国主義が招いた惨禍の教訓が、その背景にある。 」などとある。そんなに天皇家が憎いなら、もっとはっきり非難しろよ、卑怯者!!!

朝日が9条を擁護するのは、北朝鮮や韓国や中国の意向だ。特亜3国の武器の一つとして日本の武器を減らそうとする朝日新聞があるだけだ。

(もっとも当ブログは9条改正には反対だ。豊臣秀吉の刀狩りにならい、世界の武装解除を目指すべきが大和魂の「たおやかな心」である。戦うべき相手は世界の武器商人=アメリカ・イスラエル・イギリス等である。)

朝日は2枚舌。中国のチベット弾圧もだんまり。北朝鮮のミサイルと核兵器開発にも「北朝鮮を追い詰めてはならない」で制裁に反対し続けて今の危機を作り、今も非難が全く足りない。

韓国の反日活動や靖国放火犯中国への引渡しや、産業スパイや日本の安保常任理事国入り反対運動や、地方議会の対馬領有宣言にはダンマリ。チョウニチ新聞は疑う余地なく! 売国奴(極左・韓国連合)である!

本当に卑怯者なのが左翼である! 韓国と手を組み金をむしりとりハニートラップにひっかかり、売国しながら極左政権の独裁国家を目指す。そんな極左勢力に完全に乗っ取られている!!!

↓ 以下に薄汚い極左韓国系チョウニチ新聞の池沼マジキチ社説 ↓

憲法を考える―変えていいこと、ならぬこと

 憲法には、決して変えてはならないことがある。

 近代の歴史が築いた国民主権や基本的人権の尊重、平和主義などがそうだ。時代の要請に合わせて改めてもいい条項はあるにせよ、こうした普遍の原理は守り続けねばならない。

 安倍首相が憲法改正を主張している。まずは96条の改正手続きを改め、個々の条項を変えやすくする。それを、夏の参院選の争点にするという。

 だがその結果、大切にすべきものが削られたり、ゆがめられたりするおそれはないのか。

 いまを生きる私たちだけでなく、子や孫の世代にもかかわる問題だ。

■権力を縛る最高法規

 そもそも、憲法とは何か。

 憲法学のイロハで言えば、権力に勝手なことをさせないよう縛りをかける最高法規だ。この「立憲主義」こそ、近代憲法の本質である。

 明治の伊藤博文は、天皇主権の大日本帝国憲法の制定にあたってでさえ、「憲法を設くる趣旨は第一、君権を制限し、第二、臣民の権利を保全することにある」と喝破している。

 こうした考え方は、もちろん今日(こんにち)にも引き継がれている。

 憲法99条にはこうある。「天皇又(また)は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」。「国民」とは書かれていないのだ。

 立憲主義は、国王から市民が権利を勝ち取ってきた近代の西欧社会が築いた原理だ。これを守るため、各国はさまざまなやり方で憲法改正に高いハードルを設けている。

 米国では、両院の3分の2以上の賛成と4分の3以上の州議会の承認がいる。デンマークでは国会の過半数の賛成だが、総選挙をはさんで2度の議決と国民投票の承認を求めている。

 日本では、両院の総議員の3分の2以上の賛成と、国民投票での過半数の承認が必要だ。

 自民党などの改正論は、この「3分の2」を「過半数」に引き下げようというものだ。

■歴史の教訓を刻む

 だが、これでは一般の法改正とほぼ同じように発議でき、権力の歯止めの用をなさない。戦争放棄をうたった9条改正以上に、憲法の根本的な性格を一変させるおそれがある。

 私たちが、96条改正に反対するのはそのためである。

 日本と同様、敗戦後に新しい憲法(基本法)をつくったドイツは、59回の改正を重ねた。一方で、触れてはならないと憲法に明記されている条文がある。

 「人間の尊厳の不可侵」や「すべての国家権力は国民に由来する」などの原則だ。

 ナチスが合法的に独裁権力を握り、侵略やユダヤ人虐殺につながったことへの反省からだ。

 日本国憲法は、97条で基本的人権を「永久の権利」と記している。これに国民主権と平和主義を加えた「三つの原理」の根幹は、改正手続きによっても変えられないというのが学界の多数説だ。

 かつての天皇制のもとで軍国主義が招いた惨禍の教訓が、その背景にある。

 特に9条は、二度と過ちを繰り返さないという国際社会への約束という性格もある。国民の多くは、それを大切なことだとして重んじてきた。

 自民党が96条改正の先に見すえるのは、9条だけではない。改憲草案では、国民の権利への制約を強めかねない条項もある。立憲主義とは逆方向だ。

■政治の自己改革こそ

 首相は「国民の手に憲法を取り戻す」という。改正のハードルが高すぎて、国民から投票の権利を奪っているというのだ。

 これは論理のすり替えだ。各国が高い壁を乗り越え、何度も憲法を改めていることを見ても、それは明らかだろう。

 改めるべき条項があれば、国民にその必要性を十分説く。国会で議論を尽くし、党派を超えて大多数の合意を得る。

 そうした努力もせぬまま、ルールを易(やす)きに変えるというのは責任の放棄ではないか。

 憲法に指一本触れてはならないというのではない。

 例えば、国会の仕組みである。衆院と参院は同じような権限を持つ。このため多数派が異なる「ねじれ」となると、国政の停滞を招いてきた。

 いずれ憲法の規定を改め、衆参両院の役割分担を明確にするなどの手直しが必要になるかもしれない。

 もっとも、いまの国会の怠慢は度し難い。

 ねじれによる政治の停滞を嘆くなら、なぜ衆参両院の議決が異なった時に話し合う両院協議会の運用を見直さないのか。

 最高裁に違憲状態とされた一票の格差問題では、司法が口出しするのはおかしいといわんばかりの議論が横行している。これでは、憲法を語る資格などはない。

 まずなすべきは、そんな政治の自己改革にほかならない。

« 安部普三首相は海外歴訪しているが! | トップページ | 憲法改正論議・川口解任。マイナンバー法案衆院通過の目くらまし »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/51476816

この記事へのトラックバック一覧です: 支離滅裂! 朝日社説は極限偏向・売国マジキチ!:

» 高木美保「憲法学者は政府が改憲を言うのは違憲と言ってた」 ・日本国憲法の存在こそ違憲で国際法違反 [正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現]
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 護憲も改憲も、所詮は国際法違反で制定された無効な占領憲法(押し付け憲法=日本国憲法)を維持することに変わりはない。 5月3日は、憲法記念...... [続きを読む]

« 安部普三首相は海外歴訪しているが! | トップページ | 憲法改正論議・川口解任。マイナンバー法案衆院通過の目くらまし »