« 「あまちゃん」は題字デザインが赤青の韓国旗!犬HKは廃局しかない! | トップページ | 韓国犬・安部普三に直接問いただす国民運動が必要だ! »

2013年4月23日 (火)

気が狂っているの一言。朝日極左売国韓国新聞20130423社説

靖国神社への閣僚参拝を批判している。

国のために命を捧げた方々への永遠の供養。

魂安らかなれの慰霊は、国家の最大責務である。

批判すべきは安部が参拝しないで真榊で済ませたバカっぷりだけだ。

日本より韓国の立場・気持を優先。気が狂っている。

「北朝鮮を追い詰めてはならない」の朝日社説を実践したら日本は核ミサイルの危機に晒された! 

相手の立場を尊重するもなにも韓国の前大統領は竹島上陸した。

朝日は靖国放火犯が中国に引き渡された出鱈目を社説にしていない!

韓国による産業スパイ問題もまったく取り上げない!

今回の件は内政干渉であり、しかも韓国外相の予定など元から無かったともいう!

朝日は社説の訂正をしなければならない!

↓以下に極限左翼知的障害著しいチョウニチ新聞平成25年4月23日社説。

靖国問題―なぜ火種をまくのか

 近隣諸国との関係改善が必要なときに、安倍政権はいったい何をしているのか。

 麻生副総理・財務相ら3閣僚が、春季例大祭に合わせて靖国神社を参拝した。安倍首相は参拝を控えたが、神前に捧げる供え物「真榊(まさかき)」を奉納した。

 これに反発して、韓国は今週末に予定していた尹炳世(ユンビョンセ)外相の訪日を取りやめた。中国外務省も日本に「厳正な申し立て」をしたと発表した。

 菅官房長官は会見で「影響を外交に及ぼすべきではない」と語った。だが、靖国参拝は歴史認識に関わる問題であり、両国の反発は当然、予想されたはずである。

 日本外交にとって、いま最も優先すべき課題のひとつは、核・ミサイル問題で挑発を強める北朝鮮に日中韓が結束して当たることだろう。韓国外相の来日もその調整の一環だった。

 たしかに、日本と中韓両国とは尖閣や竹島問題をめぐって緊張が続いている。中国の監視船が尖閣周辺の日本領海を侵犯するなどの行為に対して、抗議するのは当然だ。

 同時に、首相自身が「大局的な観点から関係を進める」と語ったように、粘り強く関係修復をはかる。そうした微妙な時期である。

 それを、靖国問題でことを荒立てるのでは、方向が逆ではないか。

 これによって関係改善が遠のくようなことになれば、国益を損なうだけだ。

 首相はもともと靖国参拝が持論だ。だが、第1次安倍内閣のときは参拝を見送り、悪化していた両国との関係を打開した経緯がある。

 今回、首相は閣僚の参拝について「自由意思に基づいて行うことだ」と、それぞれの判断に任せたという。自身が参拝しなければ乗り切れると思っていたとすれば、甘すぎると言わざるを得ない。

 首相は再登板後も、歴史問題をあまり前面に出さず、経済再生を優先してきた。

 しかし、このところ気になる言動が目立ち始めている。

 2月の国会答弁では「(前回の)首相在任中に靖国参拝できなかったのは痛恨の極みだ」と語った。

 きのうの国会では、過去の植民地支配と侵略へのおわびと反省を表明した村山談話について「安倍内閣として、そのまま継承しているわけではない」と述べた。

 高い支持率で、緊張感が薄れているのではないか。閣僚の言動も含め、自制を求めたい。

« 「あまちゃん」は題字デザインが赤青の韓国旗!犬HKは廃局しかない! | トップページ | 韓国犬・安部普三に直接問いただす国民運動が必要だ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/51339202

この記事へのトラックバック一覧です: 気が狂っているの一言。朝日極左売国韓国新聞20130423社説:

» 日本人差別をなくせデモin新大久保・レイシストしばき隊は減少衰退・在日特権=日本人差別特集 [正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現]
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ レイシストしばき隊の構成員の一部まとめ(顔写真付きリスト) 【拡大画像】 日本は法治国家ではあるが、残念ながら完全な法治国家とは成って...... [続きを読む]

« 「あまちゃん」は題字デザインが赤青の韓国旗!犬HKは廃局しかない! | トップページ | 韓国犬・安部普三に直接問いただす国民運動が必要だ! »