« NTTドコモは明白に「わざと目立たないCM」を流している! | トップページ | 「TPPの推進陰謀」でしかない一票の格差、違憲判決というもの! »

2013年3月27日 (水)

誰がなんと言おうと衆院選違憲判決は間違いだ!

憲法が法の下の平等を保障しているから一人当たりの票の重さが違うのは意見だ、という高裁判決が多発している。

だがこれはTPPと同じ「地方切り捨て」である。左翼勢力も「都市部で票を伸ばす」戦略で嬉しがっている。

おまけにミミズ並みに脳が無い安部普三は、それなら早めにダブル選挙をして今の高支持率で勝てば良いと、思っている節がある。

だが地方に票が厚いのは合理的だ(当方はもうずっと東京区部に住んでいるが)。

広い地域(国土だ、領土だ)を守り、均衡発展させていかねばならない。

「我慢して地方に住んでいる」部分も無いとは言えない。そこの救済だ。

国会議員数ではなく「国家予算の割り振り」が本当の問題なのだ。票の事は二の次の問題だ。

法の下の平等だけ言うなら、所得税の累進税率だって問題だ。子供手当ても憲法違反だ。あらゆる政策的支出が憲法違反だ。

アメリカには「大妥協」といい小さな州も大きな州も上院議員をあてがう制度もあり、60倍も票の重みが違うという。日本のマスゴミは伝えない。

参院で5倍も格差があり、衆院も2倍を超えているが、最高裁は「現状を違憲」というばかりで建設的な対応策、許される基準を明示しない、これは本当に問題だ

アカい最高裁は結局は日本を全国区一区にして共産党の大躍進を願っているとしか思えない。

TBSのような左翼韓国まみれの放送局は、コメンテーターから洗脳音楽から、圧倒的な偏向放送で、それを狙っている。「みのもんた、関口宏」の立教出身バカ売国奴コンビの番組など本当に酷いものである!!!

自民党も安部や菅官房長官が、本当は韓国スパイという正体を現している!

自民党では駄目だ! 安部・菅という、成蹊法政出身バカ売国奴コンビには、国は任せられない! TPPも、消費増税も、マイナンバー法案も、地方切捨て選挙も駄目だ!

憲法を改正して、現行程度の「地方の票の厚さ」をハッキリ許すようにせよ! 憲法は改正だ! 

ついでに9条も、一応改正せよ! 

愛国心を持って、左翼や韓国に、アメリカに、毅然と立ち向かう「救国的な政治家」でなければ、駄目である!!! 公務員の給与引き下げを言わない安部では駄目!!! そうでなければ日本は滅びるところまできている!!!

« NTTドコモは明白に「わざと目立たないCM」を流している! | トップページ | 「TPPの推進陰謀」でしかない一票の格差、違憲判決というもの! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/50971025

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がなんと言おうと衆院選違憲判決は間違いだ!:

« NTTドコモは明白に「わざと目立たないCM」を流している! | トップページ | 「TPPの推進陰謀」でしかない一票の格差、違憲判決というもの! »