« NHKのイジメ推進、民主保護、細野盛りたて、極限偏向極左体質 | トップページ | とにもかくにも尖閣国有化で日中大混乱の責任は野田。 »

2012年9月11日 (火)

衆院解散の時まで勝負は続く

当ブログは先週末の衆院解散を10%程度はあると見ていた。不明を恥じる。しかしそれは参院での消費増税可決成立前の、野田・谷垣党首会談で、「今国会会期末までの解散」の密談による「確約」なしに、本当に谷垣が参院可決協力を約束したはずもない。と思ったからである。

谷垣というのはもはや総裁選挙から退いたが、本当の本当に極限までのうつけだった。どこかの時点で消費増税に反対すれば衆院解散に追い込めることができ、総理大臣になれる可能性もあった。しかし「マニフェスト違反の消費増税の片棒を担ぐつもりは全くない」と言い募りながら、それだけをして、総理の座を得られなかった極限馬鹿である。

東大法卒の弁護士でも馬鹿は馬鹿。衆議院議員もまともな職業についている者には一時的な栄誉ののちに失職が待っているのでハードルが高く、案外と馬鹿が多いという見本のような馬鹿だった。このような極限うつけが自民党を3年間ハンドリングし、消費増税という天下の悪法を通してしまった罪は極大だ。

野田は再選されるという話だ。この党はもう駄目だから党首は変わらないでよい。参院問責可決済みで、解散はもう逃れられない話である。自民党は石破なのか石原なのか、どうなのか。安部のような「脳力」が悪い人間よりはましだが、石破は「国民の生活が第一」という党名を聞いて「実にくだらない。そんなのは当たり前だ」などと述べた非論理的批判をする男であり駄目だ。石原はウルルン島に視察に行こうとした稲田議員らを「韓国とは非常に上手く行っているのに不適切だ」とソウル空港での引き返しを支持した韓国に心を売っている男で、日本国総理の資格はない。

民主党党首選挙の後の離党者には興味がある。「国民の生活が第一」は取り込める有為な人材を取り込んでほしい。鳩山氏のグループの他、いくらでも部分吸収を狙える勢力はあるのではないか?

連合の古賀会長などは資本家の犬である。電気労連がブルジョア階級の労組であり、連合の中核である自治労も、もはや給与をたんまり貰う公務員がさらに強欲にスト権をほしがり消費増税はいいよという、金持ち特権階級の腐った犬組織であることは疑う余地がない。

「国民の生活が第一」は、もっと貧しき一般庶民の味方として、連合の分断を狙うのが理にかなった行動だ。労組が大衆増税に賛成するなど、極限まで労組の定義にあわない。連合は古賀と公務員が占領した「エセ労働者の代表」組織であり、本当に労組としての正義を持つ正統派との、分断が必要だ。

「日本維新の会」はアメリカの新たな日本コントロールのカードに成り下がっている。パチンコ資本なども金を流しているようだ。胡散臭い不倫男の化けの皮は徐々にはがれてきている。「時期尚早、未成熟、情緒不安定、党首が市長は不適切、3流国会議員7人とシロウト寄せ集めでは国会崩壊」などのキーワードを、与野党はいつも粘り強く、口にしてゆくべきだ。

ただ「何故人気があるのか?」それは保守色の強い「公務員人件費の削減」がまずあり、この点は「消費増税の前にやるべきことがある」という小沢氏の論点と合致している。今度の総選挙の焦点・本丸は消費増税反対以外にはない。そのほか教育や刺青反対の姿勢には評価できる面もあるからだ。

TPP問題の賛成や首相公選制、衆院定数半減など、狂気に満ちた馬鹿げた話と仕分けして分析し、取り込める「人気の源泉」はよくよく研究して、取り込んでも良いと思われる。

今日は9月11日だ。忘れてはならない、911テロはアメリカの陰謀であり、自作自演だ。WTCビルの突然の全体崩壊は、火事によるものではありえない。爆薬によるものだ。第七ビルの離れた場所での突然の全体崩壊はさらに完全な証拠だ。ペンタゴンには旅客機など飛び込んでいない。ピッツバーグでの撃墜は誤って米戦闘機に撃ち落されたものだ。

このことを追求しない以上、日本共産党も社民党も、アメリカのディープスパイとして運営されている事が分かる。出世して指導部に入るものはアメリカのスパイなのだ。役割を与えられたスパイなのだ。反米者は下部にしかいない。

この問題はアメリカが日本を標的にしたオペレーションではないが、馬鹿げた猿芝居がまかり通る世の中は、いつか必ず後世に笑われる。ジョンレノンの言うドリーマーとして、911テロが明白な陰謀・自作自演であることが、マスコミにまかり通り、世界の政府が認定し、教科書に載る日が来ることを望みたい!

« NHKのイジメ推進、民主保護、細野盛りたて、極限偏向極左体質 | トップページ | とにもかくにも尖閣国有化で日中大混乱の責任は野田。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/47035379

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院解散の時まで勝負は続く:

» フジのボロ国旗をきれいな国旗と取り替えたら書類送検!2011年9月19日(月・祝)フジテレビは汚れて千切れた国旗を掲揚、デモ隊が新しい国旗に交換した際に警備員と揉み合い・「スマートモンキーズ!!」視聴率5.6% [正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現]
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 平成23年9月19日(敬老の日)、フジテレビは、黒く汚れてパサパサに千切れた国旗を掲揚していた。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-...... [続きを読む]

« NHKのイジメ推進、民主保護、細野盛りたて、極限偏向極左体質 | トップページ | とにもかくにも尖閣国有化で日中大混乱の責任は野田。 »