« 「国民の生活が第一」取り組むべき円高・外交・イジメ問題 | トップページ | 衆院解散の時まで勝負は続く »

2012年9月 6日 (木)

NHKのイジメ推進、民主保護、細野盛りたて、極限偏向極左体質

昨日のNHKニュース7(武田キャスター)で、品川区がイジメを繰り返す生徒への出席停止を積極活用するニュースをやっていた。そこでまた極限卑劣な「街角インタビュー歪曲情報操作洗脳」をしていた。

小沢新党旗揚げの時の「信用していません」「今更ですね」系の声の洪水を流した時と同じ極限卑劣なものだ。武田・小郷は本当に質が悪い、美男美女のイメージだけ良い売国奴・極限ペテン報道キャスターである!

二人の女性が答えていたが、一人目が「誰がやったか分からないからイジメが深刻なのであって効果は疑問」二人目が「処分が解けてからの仕返しも恐いから効果は疑問」という主旨の発言をしていた。

いや犯人側(苛める側)が特定できるケースも多いのだ(大津市の件もそうだ)。仕返しが恐いから処分をしないなど、本末転倒の極致だ。

気が狂っている。日本人の8割は保守で、イジメ問題に心を痛めている。苛める側にもっと厳正な処分をと大部分の国民が思っていることは明らかだが、NHKは極左に染まっているので苛める側を、このような極端なイジメ擁護派の声だけを取り上げ、守ろうとする。

極左が「未成年者を保護する少年法」を守る人権派であることと同じだ。犯罪者の権利を守ろうとする歪んだ姿勢と、昨日の武田のニュース番組の極限まで歪んだ放送は同じベクトルのものであった! 社民共産の「犯罪者の権利拡充路線」と同じNHKのイジメ守りであった!

極左が何故少年法や犯罪者権利を守るのか。自分達も犯罪をする者が多く、支援者を増やそうとし、国の混乱を喜ぶからだ。自分達が政権を完全掌握したら、手のひらを返したように人権蹂躙するのが極左のやり方だが!

「イジメは絶対に駄目」という大人側からのメッセージを発しないのは、NHK=現在の極左民主党政権が、小沢氏をイジメにイジメ抜く、極限まで卑劣な人間達の巣窟になっているからだ。

インチキ裁判で追い詰め、金権政治の権化のように叩きまくり、憲政記念館で新党を立ち上げれば「小沢氏には金がない」と嗤う。卑劣な偏向をしている。極限まで腐っている。廃局をすべきだ!

細野が民主党党首選でクローズアップされてきた。当ブログは今週金・土曜日に解散する可能性を高く見ているが、ともかく細野とか冗談じゃない! 何の実績があるのだ! 全くイメージだけの先行だ!

NHKは細野と玄葉をたくさん報道してきた。少子化相に福島瑞穂が居た時と同様に。NHKは極左である。かつては給料が低かったので極左が就職しやすかった。社民党の息が掛かっている。地上波停波の批判を浴びそうなときだけ片山慶大教授に総務大臣を譲ったが、それが終わるとまたまた社民出身の川端になった。社民はこのポストを押さえ、NHKは極左である。

NHKはドラマも歌番組もバラエティーも在日だらけの放送であり、報道も特集も極左の姿勢そのものであるものばかり。民主党の次期党首候補の細野・玄葉をヘビーローテーションで報道し続け、スマホやiPadというソフトバンクの関連するツールをこれでもかこれでもかとアプリなどで特集する。どこまでもサヨクで身がギュッと詰まっている。

また沖縄と北海道の分離独立画策としか思えない「本土にイジメられている」報道、オスプレイも辺野古移転も大批判、原発も二度と動かすな系の大声批判、日本はもうすぐ大震災に見舞われる系の脅迫放送、天皇の政治責任・旧日本軍の戦争犯罪などの永久追及も、サヨクの視点そのものだ。

もちろんサヨクはアメリカのディープスパイだ。911テロの自作自演を追及しない以上、社民党も共産党も「敵は自分で作りコントロールする」アメリカ(イギリスとイスラエルの連合体)らしい、作られた敵でしかない。そのような組織にあこがれて入ってくる者には「本物の反米者」がいても、出世するのはアメリカスパイなのだ。

そして菅直人の北朝鮮系政治団体への6千万円拠出は絶対に伝えない。野田政権のマニフェスト違反、震災復興の遅れ(いまだに陸地に船が転がっている)を批判しない。

口を極めて自民政治や鳩山内閣を批判していたが、「もううんざり」「これでは全く駄目だ」というような罵倒に近い表現での菅・野田内閣批判は、NHKからは全く聞こえない。これは朝日新聞も読売新聞もそうだ。極限まで腐っている。

大きな流れとしてNHKは歴史的使命を終えている。廃局を見据えながら、日本国民はこの極左組織を監視してゆくべきだ。

« 「国民の生活が第一」取り組むべき円高・外交・イジメ問題 | トップページ | 衆院解散の時まで勝負は続く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/46973388

この記事へのトラックバック一覧です: NHKのイジメ推進、民主保護、細野盛りたて、極限偏向極左体質:

» 尖閣諸島に施設造らせないために国が購入・寄付金返せ!・石原都知事が不快感・支那が『日本政府が尖閣購入して何も建設しないなら口出ししない』と密約・日本のマスメディアも支那と政府に協力・日中記者交換協定 [正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現]
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00000116-mai-pol <尖閣諸島>先越され石原知事が不快感 毎日新聞 9月5日(水)22時36分配信 ... [続きを読む]

« 「国民の生活が第一」取り組むべき円高・外交・イジメ問題 | トップページ | 衆院解散の時まで勝負は続く »