« また民主党極左韓国系政権が、卑劣な情報操作をした。 | トップページ | 極限の極限、腐りきった朝日新聞8月31日社説! »

2012年8月31日 (金)

今国会会期末解散の可能性は10%はある、注意が必要だ

谷垣は消費増税の参院可決にNOといえば総理大臣になれた可能性もあったが、自ら放棄した「極限うつけ」である。だが野田・谷垣の「大嘘つきコンビ」が党首会談で解散を確約していた可能性はある。この点は「国民の生活が第一」でも注意が必要だ。

なぜなら谷垣がまだ解散を言っている。民主の奴隷であるマスゴミは「焦点は党首選に移った」と流れを作るのに必死だが、野田は巨悪であり、ペテン師手法をどこまでも貫く男だからだ。

政治生命を賭けると言った消費増税。今国会で一応の成立を見たわけだが(総選挙で国民の怒りを買ってひっくり返される事は明らかだが!)、その過程で野田は谷垣に、衆院解散を確約した可能性がある。谷垣が9月に入って「泣き顔の怒り顔」で「野田は許せない」とわめき散らす可能性もあるが、野田は解散するかもしれない。

野田は国士気取りである。似非(エセ)西郷隆盛であり、国のためなら自分はどうなってもいいと気取っている。だから解散をするかもしれない。

自信過剰な馬鹿である野田は、「消費増税という正しい選択をし、脱原発を9月に入って打ち出し、俺の演説があれば、勝てるに違いない」と大馬鹿間抜けな過信をしているかもしれない。必ず負けるのだが。

どうせ惨敗するなら、大阪維新の会が立ち上がりきる前に。こう思っても不思議はない。首相の特権(野田のような馬鹿に対して大権などと言いたくない)である解散権の行使を、本当に今国会会期末までにする可能性はある。

「国民の生活が第一」では、本命予測ラインはもう少し先だとしても、対抗もしくは穴の予測ラインとして、今国会会期末についても、強靭な戦いが出来るように、政策の粗くても骨子となる立案をした方が良い!

民主党議員は選挙準備をしていないと言うが、「敵を欺くにはまず味方から」を地で行っている可能性はある。資本家の犬である古賀が率いる連合という労組を基盤とする民主党は、選挙の立ち上がりが早いように思える。

一票の格差問題は、選挙を無効にしてやり直させる力はない。たとえやり直しの「糞度胸判決」が出たとしても、それは先の話である。今は衆院で対策法案を、極限無理な通過をさせたのであり、努力が認められて、有効であると判決される可能性が99%である。

どんな汚い手を使っても権力を手放そうとしないのが極左のやり方だ。そこのところをよくよく見抜いてほしいものだ。頑張れ、小沢一郎!

いまだに「国民の生活が第一」と検索して公式HPが上の方に出てこない。もっと検索ヒット技術を駆使し、また献金を分かりやすく大きく呼びかけるべし!

« また民主党極左韓国系政権が、卑劣な情報操作をした。 | トップページ | 極限の極限、腐りきった朝日新聞8月31日社説! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/46899916

この記事へのトラックバック一覧です: 今国会会期末解散の可能性は10%はある、注意が必要だ:

« また民主党極左韓国系政権が、卑劣な情報操作をした。 | トップページ | 極限の極限、腐りきった朝日新聞8月31日社説! »