« 負けるな小沢一郎氏! 最後まで戦い抜くべき! | トップページ | 野田は狂気の愚宰相。小沢氏は戦い抜くべし! »

2012年5月30日 (水)

極限まで卑劣な国会事故調! 菅の愚行を追及しない!

月曜日の菅に対する追求の甘さは極限までお笑い種だった。

自民党側も、現在の野田が菅・仙谷の傀儡であることを熟知し、「菅はまもってくれ。解散して政権はあげるから」と言われているかの如きであった。

なぜ事故調は、「あなたは会議中に、急に泣き出したことはありましたか?」と聞かないのだろう。そういうことが本質であろう。そういうことが調査であり、追求であろう。

あるいはロイターが報じた、アメリカの冷却材拠出の申し出(津波からほんの数時間後)をなぜ断ったか、なぜ追求しない?

菅の「現場視察は意味があった」そのほか『熱意はありました』の放言を長々とさせ、マスゴミに伝えさせる。(ああ、菅さんは悪くないのかもね)と騙された国民も、多かったかもしれない。

一番弱いところ、突かれたらまずいところを数々はずして、追求のつの字にもなっていなかった。国会の原発事故調は、極限までの八百長である!

« 負けるな小沢一郎氏! 最後まで戦い抜くべき! | トップページ | 野田は狂気の愚宰相。小沢氏は戦い抜くべし! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/45468924

この記事へのトラックバック一覧です: 極限まで卑劣な国会事故調! 菅の愚行を追及しない!:

« 負けるな小沢一郎氏! 最後まで戦い抜くべき! | トップページ | 野田は狂気の愚宰相。小沢氏は戦い抜くべし! »