« 全然出鱈目な朝日新聞4月4日社説。アカ理論だ。 | トップページ | 極左韓国系の現民主党野田政権は出鱈目の限りを尽くしている »

2012年4月10日 (火)

極限まで恥知らず。知的障害あり。4月6日朝日新聞社説。

朝日の4月6日社説は極限まで頭が悪い。消費増税と行革を「同時進行でやれ」と言いながら、行革が進まないことを全く非難しないに等しい結論だ。

「市営バスの運転手の年収8百万円の4割カット」という橋下目線の、国家公務員および地方公務員へのチェック目線が先である。後にしたら絶対にできない。そんな簡単なことも分からない朝日新聞には、口を開く資格はない。本社を韓国ソウルに移転すべきだ。

国家公務員給与の8%カットが2年だけ。この絶対事実を批判しない朝日新聞は、底の底まで腐りきった、蛆虫反日言論機関である。

↓朝日新聞4月5日社説↓極限まで国をミスリードする糞言論である。↓

消費増税と政治―言い訳やめて、本質論を

 「社説は厳しく政府の監視を」という投書が「声欄」に載った。

 社説が消費増税を支持したのに対して、「国民に重い負担を強いながら、政府がやるべきことをやっていない」とのご指摘だ。こうした増税批判が連日、私たちのもとに届く。

 きのう今年度予算が成立し、後半国会で消費増税を含む税と社会保障の一体改革の議論が本格化するのに向けて、私たちの見解を改めて示す。

■同時並行で進めよ

 増税論議で、気になっている言葉がある。「まずはむだの削減だ」「まずはデフレ脱却だ」「まずは衆院の解散だ」の「まずは」である。

 行革も経済の立て直しも、急ぐのは当然だ。いずれ解散・総選挙もやらねばならない。

 だが「まずは」はくせ者だ。

 「何をやるか」ではなく、「どんな順番でやるか」で争うばかりで、堂々巡りが続く。そして、その先へ進めない。不毛な政治の枕詞(まくらことば)のようだ。

 民主党でよく聞く「まずは」は、むだ削減とデフレ脱却だ。

 小沢一郎元代表らも、いずれ増税が必要なことは否定しない。だが、なぜいまなのか。その前にやることがあると、時期と順番に異を唱えている。

 確かに、野田政権のむだ削減の努力は、まったく足りない。新幹線などの大型公共事業を次々に認める。議員歳費の削減すらまだできない。こんな姿勢で増税を求めるのは許し難い。

 だが、一方では残念ながら、行革で削れる金額は桁が違う。今年度に新たに発行する国債は44兆円。たとえ民主党が公約した16兆8千億円のむだ削減ができても、借金財政のままだ。

 デフレ脱却は一朝一夕には進まない。財政出動や金融緩和で、当面の景気刺激はできるかもしれない。だが、それでも経済の不調の主要因である少子化、高齢化は止まらない。根本からの解決策にはほど遠い。

■解散よりも仕事を

 「まずは」と言っているうちに、借金はどんどん膨らむ。たとえ財政破綻(はたん)は避けられたとしても、元利払いは重くなり、子や孫の世代にのしかかる。

 これは将来世代を巻き込んだ時間との戦いなのだ。

 増税も、経済の立て直しも、むだの削減も、すべて同時並行で進めて、答えを出さねばならないと、私たちは考える。

 自民党が求める「まずは」は衆院解散だ。民主党が増税するのは公約違反であり、増税をいう資格はないというわけだ。

 鳩山元首相は「4年間、消費税の増税を考えることは決してない」と言っていたのだから、民主党の「食言」は明らかだ。野田首相が率直にわびることが増税論議の出発点になる。

 その一方で、自民党自身が増税を公約してきた。それなのに成立を阻もうとするのは筋が通らない。

 大阪維新の会を率いる橋下徹大阪市長は、消費税を地方に移し、自治体に増税の是非を委ねるよう主張する。自身は「5%上げるだけではもたないのは、みんなわかっているんじゃないか」との考えだ。

 何のことはない。消費増税そのものに反対する政党もあるとはいえ、多くの政党や政治家が増税の必要性を認識している。

 そのなかで総選挙を急いで、何を争うのか。民主、自民両党はともに増税を公言しており、どちらが勝ったら増税賛成の民意の表れか、反対の民意なのかを読み解くことすら難しい。

 おまけに両党とも身内に増税反対派を抱える現状では、選挙戦で「実は反対」と言い募る候補者が続出するだけだろう。

 選挙をしても、はっきり白黒つくわけではない。一方で、延々と混乱を続ける余裕もない。

 いまや日本のリスクは、「決められない政治」なのだ。

 違う点は争っても、一致する点は前向きに議論し、きちんと決める。そんな当たり前の政治の作法を確立しよう。

 有権者の審判は消費増税を決めたあとに仰げばいい。民主党の公約違反の責任はそのときにとってもらおう。

■新たな再分配論こそ

 私たちは、いま政治が取り組むべき大仕事は、高齢社会に対応して、所得などの再分配の制度を根幹から作り直すことだと考えている。消費増税は、いわばその入り口だ。

 そんなところで、増税先送りの言い訳のような段取り論で、もめていてはいけない。

 もっと本質的な制度設計を急ごう。

 たとえば、貧困層の支援だ。増税に合わせた現金給付に加えて、富裕層から所得を移転する方策が要る。もうひとつは若者の支援だ。高齢者を支え続けるためにも、若い世代を増やし、所得も拡大させる策が必要だ。

 公平で持続可能な社会をつくるための制度を、増税法案とともに論ずべきだ。そうした政治の営みを促すことで、冒頭の投書への注文にも応えていく。

« 全然出鱈目な朝日新聞4月4日社説。アカ理論だ。 | トップページ | 極左韓国系の現民主党野田政権は出鱈目の限りを尽くしている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/44821564

この記事へのトラックバック一覧です: 極限まで恥知らず。知的障害あり。4月6日朝日新聞社説。:

« 全然出鱈目な朝日新聞4月4日社説。アカ理論だ。 | トップページ | 極左韓国系の現民主党野田政権は出鱈目の限りを尽くしている »