« 明白な「小沢新党つぶし」の一川防衛相イジメ。卑劣の極み | トップページ | 君が代不起立、最高裁判決は不当で売国、頭おかしい »

2012年1月12日 (木)

本当に出鱈目な小沢氏裁判、そしてマスゴミ報道

全く話にならない「国策裁判」であり、卑劣権力者野田の横暴と、マスゴミの超強度人権侵害である。呆れ果てて物が言えない。

「期ズレ」裁判なのに、4億円の原資を追及する。

相続遺産であり、議員報酬であり、印税収入。それの預金担保銀行借り入れ。そうであれば「政治浄財である、銀行借り入れである、個人資産である」という説明は、まったく「説明が二転三転しているには当たらない」はずだ。どれもが当てはまるのだ。しかしマスゴミは、わざと知らぬ振りをして「説明が二転三転している」と報じる。卑怯卑劣の塊だ。

前田元検事が「小沢氏は無罪」と主張したことも、もう報じない。

会計の権威者(筑波大教授)が、「登記完了に合わせて政治資金終始報告書に記載すればよい」と証言したことも、もう報じない。

政治資金報告は適正に行われていたのだから、小沢氏の関与も何も関係ないはずだ。

小沢氏の有利になる法廷証言は、一切抹殺して、ただただ「うその記載をした」と報じ続ける。NHKの「脳無し爽やかマネキン」である武田、小郷などが、その類いである。

どこまでも歪曲捏造した報道しかしない、日本のマスゴミ。

小沢氏は何十年も前から、「お金のことは秘書に任せてある」と公言している。テレビカメラの前で、公言している。であるから多少不自然に感じても「それを貫いている」のだ。

この裁判で小沢氏がもし万一、有罪になれば、日本の司法は完全な死に至るといえるだろう。そこに正義は欠片もなく、ただの腐臭だけが漂う極悪辣の巣であると、断定せざるをえない。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/trl11121622440023-n1.htm

« 明白な「小沢新党つぶし」の一川防衛相イジメ。卑劣の極み | トップページ | 君が代不起立、最高裁判決は不当で売国、頭おかしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/43713503

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に出鱈目な小沢氏裁判、そしてマスゴミ報道:

» 平清盛ワースト3視聴率!NHK大河ドラマの初回は17.3%で歴代ワースト3位の「大惨敗」!放映で「王家」を連呼!7世紀から「天皇」号が成立、平清盛の12世紀には「天皇」と「皇室」「皇家」が普通・NHKの悪意は明白 [正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現]
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 「王家」が100回以上連呼されたNHK大河ドラマ「平清盛」初回放送の白河法皇と璋子(待賢門院) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2012011...... [続きを読む]

« 明白な「小沢新党つぶし」の一川防衛相イジメ。卑劣の極み | トップページ | 君が代不起立、最高裁判決は不当で売国、頭おかしい »