« もう本当に話にならない野田政権・韓国の足を舐める | トップページ | いくらなんでも酷い。朝日新聞の腐りきった左翼韓国社説 »

2011年11月 1日 (火)

TPPは国を滅ぼす。それだけはガチ。

全然話にならないTPPだ。野田はぶらさがりも拒否する「正心誠意のドジョウ政治」というペテン師だ。

韓国人から献金を受け、民潭に選挙で助けてもらい、韓国訪問して5兆円を貸し出す約束をする。売国奴そのものだ。

民主党は小沢氏・鳩山氏の、改革を志す保守政治家により政権を取った。しかし菅・仙谷・前原・野田の、極左・韓国系勢力が、2人目・3人目の総理となり、国は大きく傾いた。

前原は韓国人献金を多く受けている。党首選挙の前にも、後にも、ボロボロ事実が出てきた。罰金刑でも公民権停止5年である。もう終わっているはずだ。なぜ政調会長なのか?

枝野は官房長官として、原発事故当初3日間に、凄まじい嘘をつき、情報を隠蔽し、アメリカからの冷却材拠出の申し出を断り、放射能汚染を引き起こした。なぜ経産相なのか?

民主党はマニフェストで行政のスリム化を約束し、年金の抜本改革を約束した。このマニフェストは守るべきだ。震災とは関係ない。極左・韓国連合である菅政権・野田政権は、国を滅ぼそうとしている。

出鱈目な民主党現政権である。次期衆院選では惨敗が確実だ。小沢氏・鳩山氏は連携して、現民主党には見切りをつけ、政界再編をしたほうが良い。

« もう本当に話にならない野田政権・韓国の足を舐める | トップページ | いくらなんでも酷い。朝日新聞の腐りきった左翼韓国社説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1412783/42787796

この記事へのトラックバック一覧です: TPPは国を滅ぼす。それだけはガチ。:

« もう本当に話にならない野田政権・韓国の足を舐める | トップページ | いくらなんでも酷い。朝日新聞の腐りきった左翼韓国社説 »