« 菅売国政権は即刻総辞職すべきだ! | トップページ | 菅直人は姑息で卑劣なアカ政治家。党大会後に役員人事?? »

2011年1月 6日 (木)

排除の論理。醜い、あまりにも醜い、公約違反の菅アカ直人

「小沢氏が政倫審に出ないなら除名」の次は、「起訴された時点で議員辞職すべき」とほざく大愚の蛆虫、菅アカ直人。一度権力を握れば、どこまでも下賤下劣なライバル蹴落としを画策する。これはアカの真性である。

「党首選挙後は挙党体制で臨む」という公約を本当に完全に反故にして、卑劣な小沢氏追い落としばかり謀略している腐敗人である。

「起訴されれば議員辞職」馬鹿も休み休み言わなければ駄目である。これから法廷で白黒がつくのだ。それまでは推定無罪。これから審理が始まる。しかも今回は、開かれたかどうかも大いに疑問の、当初平均年齢30才と発表されたシロウト数人の議決による強制起訴だ。

仙谷のような真に汚い男が、「先例を踏まえて議員辞職すべきだ」というのも噴飯物の虚論だ。田中角栄も鈴木宗男も、そのほかほぼ全ての議員は、そのような局面では議員辞職していない。あまりに下らないゲス放言、いつまでこのような阿呆をのさばらせるのか。

歴代首相(たとえば小泉、安倍、福田、麻生、鳩山)は、首相番記者のぶら下がり会見のあまりにも失礼な質問に、色をなして激怒してきた。しかし今の番記者は「アカの本性」で、アカ菅には無礼な質問はしない。これだけ国民から見放されている、愚策ばかりの落第首相なのに。

「仙谷を官房長官にした任命責任は?」「排除の論理で小沢氏を追い詰める徳の無さに問題はないのか?」などと、絶対に聞かないのが、首相番記者のアカい連中なのである。なおアカい連中は、本当の本性は、アメリカの奴隷である。

« 菅売国政権は即刻総辞職すべきだ! | トップページ | 菅直人は姑息で卑劣なアカ政治家。党大会後に役員人事?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 排除の論理。醜い、あまりにも醜い、公約違反の菅アカ直人:

« 菅売国政権は即刻総辞職すべきだ! | トップページ | 菅直人は姑息で卑劣なアカ政治家。党大会後に役員人事?? »