« 排除の論理。醜い、あまりにも醜い、公約違反の菅アカ直人 | トップページ | 姑息きわまる「菅直人党大会」総理の器にあらず! »

2011年1月 8日 (土)

菅直人は姑息で卑劣なアカ政治家。党大会後に役員人事??

党大会の翌日に党役員人事をするとか報道されている菅直人。どこまで分かりやすい左翼アカ政治家なのか。アカはいったん権力を握ると、徹底的な内輪もめの権力闘争をするのは歴史が証明している。

党大会をまず開く。その時には「明日自分が取り立てられるかもしれない」と思い、党内の不満を表出させない戦略だという。

こうした下賤下劣な人間力学の小ズルイ策略ばかりに精力を注ぎ、尖閣問題、円高問題などから目をそらし、小沢氏追い落としばかりを(卑劣な検察審査会というインチキで)狙う大愚の売国奴、菅直人。

普通の人間は「人事を改訂してから党大会に臨む」のがまともと考えるのだ。それが人の道。それが本道。そうしたことさえも捻じ曲げて、菅直人というアカ左翼は、円高も放置して、自分のボロクソに言われている身を守ろうとする最低最悪の蛆虫である! あまりの卑劣ぶりに、身の毛もよだつ。ここまで汚い糞が、日本の総理とは!

菅直人は一刻も早く退陣し、実力ある愛国者、小沢一郎氏に、民主党政権を委ねよ!

« 排除の論理。醜い、あまりにも醜い、公約違反の菅アカ直人 | トップページ | 姑息きわまる「菅直人党大会」総理の器にあらず! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人は姑息で卑劣なアカ政治家。党大会後に役員人事??:

» 12/29なんでや劇場(1)~人類史を追求する意義と視点 [日本を守るのに右も左もない]
地図は「民俗学伝承ひろいあげ辞典」さんからお借りしました。 2011年、新たな年を迎え、私権社会から共認社会へと大転換していく中、私たちがこれから進むべき方向をしっかり見据えるためには、歴史的事実を踏まえての追求が不可欠となる。 そこで、今回から6回に渡り、12月29日に開催された「なんでや劇場」の詳細レポートをお送りしたい。 東洋人、そして日本人がどのように形成されていったのかを、モンゴロイドの歴史を通じて解明している。 るいネットの山澤さんの記事 「’10年末なんで屋劇場レポート1~人類史を追... [続きを読む]

« 排除の論理。醜い、あまりにも醜い、公約違反の菅アカ直人 | トップページ | 姑息きわまる「菅直人党大会」総理の器にあらず! »