« 仙谷、「専業主婦は病気」と発言、マスゴミは情報封鎖 | トップページ | 大雪で漁船380隻転覆事件、報道が足りない! »

2010年12月28日 (火)

小沢氏の政倫審出席は不要なもの。だがその先を考える。

小沢氏が政倫審出席を表明した。不要なものだが出るなら出るで出ればいいだけの話である。強制起訴がペテン的な、開かれたかも怪しい検察審査会で決まった以上、本当は微塵も出る必要はないのだが。

年末になる頃までジリジリと時間を延ばして、最後になって「離党勧告」というライバル切りの下賤な手を売ってきた。小沢氏も愛する民主党からの離党を今すぐ(政党助成金の交付は年末基準だ)強要されてはかなわないから、政倫審出席を決めた。極めて合理的な判断で、その的確さには、「知性がぶれない。判断力が強く太い」の感を持つ。

国会での政倫審や証人喚問は、そもそも「起訴に持ち込むための装置」なのである。だから法廷が決まっている以上、国会審査は「完全に不要」なのだ。罪に問われるか問われないかは、国会よりも法廷が、何十倍何百倍も、精密で厳格に行うものだ。それが全てであり、イメージで国民が決めてはならない。

菅内閣。捏造の党首選挙で当選し、挙党体制の確立を公約に掲げながら、小沢氏を「売る」ことに血道をあげる。菅仙谷が中国スパイ韓国スパイのごとくに振る舞っている事こそが、国民の総スカンを食らっている絶対要因であることに、気づいても小沢氏を「売る」ことで凌ごうとする。日本国始まって以来の、凄まじい下劣な政権コンビである。

自民ほか野党のコメントも次元が低く低劣だ。まず菅・仙谷の下賤下劣な仲間を「売る」姿勢を糾弾すれば、国民の心に響くものを。国民の心に刺さるものを。その点には言及せずに、「時期の条件付けはおかしい」などと言っている。

小沢氏は「国会冒頭でもいい」と明確に述べている。時期の条件付け(予算成立後も述べているが)は、切り捨ててもいい部分発言だ。ことの本質として小沢氏は、「国会冒頭にて政倫審に出る」と堂々宣言したのだ。国会冒頭で十分ではないか。それをなぜ年末年始にまで「異常な狂気で」こだわるのか。

菅・仙谷内閣は、円高を放置する売国政権だ!

« 仙谷、「専業主婦は病気」と発言、マスゴミは情報封鎖 | トップページ | 大雪で漁船380隻転覆事件、報道が足りない! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏の政倫審出席は不要なもの。だがその先を考える。:

» アメリカは本当に弱者に厳しいのか? [ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ]
Tweet ゼロヘッジというブログを見ていると面白い記事 を見つけた。 このグラフ↓ その記事にあった表を日本語に訳し日本円に換算してみたもの。(単位は万円) 年収が30万~500万の人のいろいろな給付金や所得控除/税金などを差し引いた(加えた)後の手取... [続きを読む]

« 仙谷、「専業主婦は病気」と発言、マスゴミは情報封鎖 | トップページ | 大雪で漁船380隻転覆事件、報道が足りない! »